入札参加資格申請~喜びを分かち合える嬉しさ~

喜びを分かち合う

ある日、「市役所の仕事が取れたよ。」とA社の社長から電話がありました。

市役所の大きな工事を落札したというのです。電話の声からもその嬉しさはよく分かりました。

A社とは数年前からの付き合いで、毎回継続して建設業許可に関する申請や市役所に対する入札参加資格申請の依頼を受けていましたが、その3ヶ月ほど前に、社長と「なかなか指名されないけど、どうしてだろう。」と話をしていたところでした。

私は電話口で思わず「それは本当に良かったですね。良かった。良かった。」と少し上ずった声で答えていました。

後日、社長の奥さんとその落札した件で話をする機会があったのですが、「落札した事も嬉しかったけれど、それを一緒に喜べる人がいてよかった。」と社長は言っていたそうです。

最近、仕事で誰かと喜びを分かち合うという事が無かったので、私の喜んでいる様子が本当に嬉しかったようです。

コメント


認証コード5273

コメントは管理者の承認後に表示されます。